【Netflix】スペクトル(SPECTRAL) 視聴感想

Netflixオリジナル作品『スペクトル(SPECTRAL)』の感想。

海外ドラマのNetflixオリジナル作品は色々観てきたが、映画尺での作品を観たのは初。ドラマのクオリティも素晴らしいが今回観た『スペクトル』も楽しめる作品となっていた。

作品情報

邦題:スペクトル
原題:SPECTRAL
制作:2016年 レジェンダリー・ピクチャーズ
予告編:

あらすじ

異次元の敵が襲来し、戦火に包まれたヨーロッパの街は壊滅状態。この危機に立ち向かうのは、ある技師と精鋭揃いの特殊作戦部隊。未知なる脅威との死闘が始まる。
– Netflix

感想(ネタバレあり)

あらすじからだと別の世界から来た敵との戦争映画かと思いきや、内戦中のヨーロッパにて正体不明の敵と戦う近未来SF。アメリカの特殊部隊が装備しているカメラ兼ゴーグルに幽霊のような不可解な物が映り込み殺されてしまう所から始まり、敵の正体を掴むためゴーグルの開発者でもある科学者(主人公)が戦地に招かれる。

この正体不明の敵は肉眼では視る事が出来ず、実弾も無効で素早く壁などを通り抜ける事ができ触れられたら即死亡のハードモードな設定。序盤の見えざる敵に悪戦苦闘するのは映画『プレデター』を思い出す。しかもこの映画の敵は沢山いるし増え続ける。

敵を視認するためのゴーグルが壊れてしまい、カメラを改造し赤外線照射ライトにして敵をあぶり出す所は『Alan Wake』を思い起こさせたが姿が見えたところで弱るわけでもなく無敵状態なので敵の数に絶望するのみ。

そんな最悪の状況の中、主人公が科学者の観点と主人公補正で敵の正体や倒し方、そして増え続ける敵の根本的な対処を紐解いて行く。全体的にストーリーが力任せだが映像のクオリティーと世界観で最後まで楽しく観れてしまう作品。最終決戦前に主人公が軍の寄せ集め装備品から敵に有効な武器を作成する場面で出来上がった武器のクオリティーと数に少し笑ってしまう。雰囲気的には1日もしくは数日で完成させた感が出過ぎてそろそろ終わりが来る事を感じさせてくれる。

詳細な説明はされないが敵の正体等の大体の謎は駆け足で解決されるので満足。ストーリーから言えば十分事足りる終わり方である。次回作を匂わせるような描写もなく何とも男らしい終わり方。

深く考えずに観れて爽快感のある作品。絶望感はあれど視聴者をびっくりさせるホラーな演出も少ないので疲れずに観れる。

おすすめ度:4.0/5.0

Sponsored Link